腰痛

コラーゲンは、骨や関節を繋ぎ止め、クッション材の原料となる成分で、不足すると腰痛関節痛を招きます。

しなやかで、柔軟性に富み、弾力のある関節を作りだすには、コラーゲンが欠かせないのです。

腰痛のおこる仕組み

人間の体のコラーゲン合成のピークは、20代半ばだといわれています。

それを機に、関節やアキレス腱、その他の器官において、コラーゲンはどんどん減少していき、と骨をつなぐ部分、筋や腱などに不具合をおこすようになってきます。

腰痛は、こうして、減少したコラーゲンが、クッション材の役割を果たすことができなくなったり、関節や骨の結合に支障をきたすことでおこるのです。

コラーゲンを経口摂取することで、体内で不足するコラーゲンを補える

減少していくコラーゲンに歯止めをかけるためには、経口摂取するしかありません。

経口摂取することで、体内にあるコラーゲンを補うことができるのは研究で解明されている事実です。

骨の強化にもコラーゲンが重要な役割を果たす

人間の体に無くてはならないコラーゲンですが、実は骨の形成おいても、コラーゲンが無くては成立しません。

コラーゲンは、骨の重要の約4分の1を占めていて、骨の中で網状に張り巡らされ、骨の強度を保っています。

つまり、コラーゲンが不足している骨は、強度においても不安がありますし、新しい骨の細胞の形成も活発ではないということになります。

骨密度も年齢とともにどんどん減少していく、その結果腰痛の原因にも

骨を形成する細胞を作りだすために必要な成分、それがコラーゲンです。

コラーゲンが不足している体内では、骨を作る細胞が活性化せず、骨の細胞を上手く形成することができなくなります。

骨は、毎日古い細胞が死に、どんどん新しい細胞に生まれ変わる事で強度を保ち続けるという仕組みです。

この細胞の生まれ変わりがなされないようになると、骨の強度が弱くなり、骨や関節に不具合を生じます。これが腰痛の原因ともなってしまうのです。

腰痛を予防するには、まず、しっかりとした骨や関節の形成からということになります。コラーゲンは、形成に大きな役割を果たしています。

腰痛を予防するために摂取したいコラーゲンの形、それは低分子化してあるコラーゲン

コラーゲンは体に良く、腰痛を予防する手段になり得るといっても、実は、コラーゲン自体は、非常に分子の大きな成分で、体への吸収率は決して良くありません。

そこで、コラーゲンを効率よく体に吸収させ、腰痛などを予防するには、コラーゲンの分子を小さくしてある、コラーゲンペプチドや低分子コラーゲンなどのコラーゲンを摂取することが重要です。

このようなコラーゲンを意識して摂取するためには、コラーゲン商品の利用が便利です。

コラーゲン商品は、体にすみやかに吸収されるように開発してありますし、一日に摂取した量のコラーゲンを、簡単に摂取することができます。

腰痛などを予防するには、普段から継続して、コラーゲン摂取をしておかなければなりません。

日常の中に、便利に取り入れることのできるコラーゲン、それがコラーゲン商品なのです。

あなたも、健康的な生活、腰痛や関節痛などの予防に、手軽に始められるコラーゲン商品を利用してみましょう。

drink-rank

supple-rank

powder-rank

jelly-rank