コラーゲンは人間の体を構成するタンパク質の一種で、約1/3がコラーゲンでできています。

コラーゲンとタンパク質の関係は、健康や美肌の仕組みを知るためにもぜひ理解しておきたいことのひとつです。

では早速ですが、コラーゲンとは何か詳しく見ていきましょう。

コラーゲンはタンパク質の仲間?

私達の体には骨、皮膚、血管、臓器などあらゆる部分を構成するものとしてタンパク質があります。

タンパク質はアミノ酸を原料として体内で生成されています。

体を構成する基盤となるタンパク質の1/3がコラーゲンが占めているため、コラーゲン不足は健康面に与える影響があることも知っておきましょう。

このコラーゲンですが食べ物で体内に入っても、分子構造が大きくなかなか吸収されない特徴があります。

アミノ酸に分解されてから、再合成されたコラーゲンが吸収される仕組みになっているのです。

人間の体は約60兆もの細胞により成り立ち、爪や髪の毛に至るまですべての部分でタンパク質の存在が重要なのです。

コラーゲンはタンパク質として体の中で色々な役割を担うということなのです。

タンパク質とアミノ酸の関係について

タンパク質はアミノ酸がつながってできる仕組みになっています。

アミノ酸には色々な種類があり、その組み合わせによりタンパク質は何千種類にも及ぶといわれています。

そもそも人間の体には20種類のアミノ酸があり、そのうち必須アミノ酸と呼ばれるものは体内で作れない為、食べ物などから摂取が必要になります。

鶏肉、卵、乳製品などのタンパク質は必須アミノ酸を含んでいるため、体を構成するためにもタンパク質摂取は欠かせないのです。

皮膚や爪、筋肉などを作るタンパク質が不足すると、色々なトラブルが起こってしまいますよね。

肌のコラーゲン不足もそのうちのひとつです。

健康な体と美容のためには質の良いたんぱく質摂取と、不足しがちな美容成分を補うことが大切です。

コラーゲンの種類

体内に存在するコラーゲンはわかっているだけでも約30種類ほど異なるタイプがあるといわれています。

コラーゲンはⅠ型、Ⅱ型のように分類されていますが、血管や子宮に多く存在するため女性はとくにコラーゲンが必要になります。

身体に最も多く存在するⅠ型のコラーゲンは皮膚や骨を形成し、弾力を出す働きをしています。

Ⅱ型コラーゲンは軟骨や関節に存在し動きに合わせてクッションのような役割をします。

それ以外のコラーゲンは臓器や血管などの部位に存在し、体内で生成される意外にはゼラチン、コラーゲンペプチドなどの異なるコラーゲンもあります。

女性が気になる美容効果で最も期待できるのが、トリペプチドコラーゲンといわれていますよ。

コラーゲンを上手に摂る方法

身体を構成するタンパク質として必要なコラーゲンですが、残念なことに加齢やストレスにより体内で作る量は減少してしまいます。

不足すると肌のトラブルや健康面でも問題がでやすくなりますので、上手にコラーゲンを摂取することが必要です。

普段の食事からコラーゲンを含む食べ物を意識して選ぶことも大切ですが、一定量を継続するのはとても面倒でしかも食べ物はカロリーが高くなる点も注意しないといけません。

そのためコラーゲンを摂取するにはサプリが一番便利で効率的ですね。

コラーゲンは一度にたくさん摂取しても効果は期待できません。

女性は肌のハリ回復など美容を意識してコラーゲンを摂取しますよね。

コラーゲンは日々新陳代謝を繰り返しているため、少しでも継続して身体の働きに合わせることが必要です。

まとめ

身体を作るタンパク質の一種であるコラーゲンは、お肌のためだけでなく健康面でも重要ですね。

色々な臓器や体の部位に存在するコラーゲンは多くの可能性を秘め、美容や健康のために今後も期待される成分です。

今私達ができる一番効果的な方法は、健康的な生活習慣を心がけ、自分に一番あうコラーゲンのサプリをプラスすることなのです。

drink-rank

supple-rank

powder-rank

jelly-rank