コラーゲンといえば、強力な保湿力を持つ成分として知名度が非常に高いですが、その高い保湿力でリフトアップも期待できます。

コラーゲンでできるリフトアップ、エイジングケアについてまとめました。

コラーゲンの保湿力、その仕組みは?

コラーゲンには、高い保湿効果があるというのは、広く知られた事実です。

その保湿力、その他の効果やメカニズム、どこまで保湿できるのでしょうか。

コラーゲンの役割

コラーゲンは、もともと人間の体において必要不可欠な成分です。

その役割は、肌細胞を潤すだけでなく、関節筋肉血管に至るまで、体の隅々までたくさんの役割を担っています。

つまり、人間の体はコラーゲンがないと生命維持や活動に支障をきたし、コラーゲンが不足するという事は、体に取って深刻な事態をもたらすのです。

コラーゲンの保湿力

コラーゲンには、水分を保持する、保水という働きがあります。

この保水力によって、肌を乾燥から守るという役割があります。

肌が乾燥すると、外部刺激を受けやすくなる上、しわやたるみなどの老化を進めてしまうことになります。

コラーゲンはこの乾燥を予防し、肌に潤いを満たすことによって、リフトアップ効果、そしてエイジングケアにおいても効果を発揮するのです。

さらに、外部刺激による肌の老化を同時に予防しますので、よりリフトアップ、エイジングに効果のある成分だといえるでしょう。

コラーゲンの重要性

コラーゲンは、年齢とともにどんどん減少していきます。

コラーゲンの減少は、すなわち肌の老化を意味し、見た目年齢を高くするだけでなく、さまざまな肌トラブルの要因にもなりかねません。

しかし、年齢とともに減少してしまうという特徴があるため、しっかりと不足分を補ってやることが重要なのです。

コラーゲンが少なくなった肌は、シミやしわ、くすみやたるみなどのいわゆる老化現象を進め、肌の弾力やハリ、つやも失うことになります。

これらのエイジングサインは、コラーゲン不足によって、より顕著にあらわれるようになるため、コラーゲンを補うということが非常に需要になります。

コラーゲンでリフトアップすれば、こんなたくさんのメリットが!

「年齢だから、このくらいのたるみ、仕方がない…」と思っていませんか?

実は、リフトアップを諦めていると、しわ、たるみだけでなく他にまで影響を及ぼすのです!

ですが、コラーゲンでリフトアップケアをする事でその悩みは改善されるでしょう。

おでこのリフトアップがニキビ防止に!

おでこがたるんでいたりすれば、「神経質そうな人…」とか、「なんだか機嫌が悪そう…」と周囲から思われているかもしれません。

その嫌なおでこの、しわやたるみを隠そうと前髪で隠しがちに…これが肌の2次トラブル、おでこニキビのはじまりです。

新たな肌悩みを作らないように、早めにコラーゲンケアでリフトアップをしましょう。

また、美しいおでこならば、堂々と出せるため、ヘアスタイルの幅が広がり、若々しさを得られる事でしょう。

おでこのリフトアップで視野を広げる!

おでこのたるみは、実は目にまで影響を与えます。

まぶたの皮膚も同時にたるみ、視界を狭くしたり、必然的に伏し目がちな表情になるため、暗い雰囲気の人に見られる事もあるでしょう。

おでこのリフトアップができれば、その重みで弾力低下していた目周りもすっきりし、明るい印象に変わるでしょう。

ほうれい線をリフトアップすれば、マイナス5歳も夢じゃない!

私達がシワやたるみ悩みで良く聞く名称、ほうれい線悩み。

若くても表情に癖があれば、容赦なくできてしまう厄介なしわです。

苦労しているように見られたり、老け顔特有の雰囲気を醸し出してしまったりもします。

コラーゲンでのリフトアップで、マイナス5歳肌を目指し若々しさをいち早く取り戻しましょう。

また、ほうれい線を含む口周りのリフトアップが成功すれば、自然に口角がキュッとあがり、笑顔が素敵な女性になれますね。

顔全体のリフトアップが小顔効果!

小顔ブームとも言える現代では、小顔であればあるほど、周囲に可愛らしい印象を与えたり、服のコーディネートも広がります。

ですが、元々は小顔なのに、顔全体のたるみが原因で顔が大きく見えたり、左右差が違ってバランスが悪い輪郭に見えたりすることがあるのです。

そんなふうにならないように、「輪郭がなんとなく、ボンヤリしてきたなぁ」と思い始めたら、たるみが始まった証拠です!

コラーゲンでのリフトアップをスタートしましょう。小顔も夢じゃあ、ありません。

敏感肌の人ほどコラーゲンが破壊されやすい

肌が敏感で、「何の商品を使うにも、肌に合うか心配…」という人がいます。

また、コラーゲンを経口摂取する際に、安全性を心配する人もいるでしょう。

敏感肌やアレルギーをお持ちの方は、バリア効果を失いやすく、紫外線や化学物質などの外部刺激が入りやすい状態にあります。

それにより、通常よりもコラーゲンが破壊されやすくなります。

ということもあり、こうした肌にトラブルを抱えやすい人ほど、コラーゲンを補う事はとても大切なのです。

それでも、肌とラブルが起きないか心配であれば、経口摂取なら安全性の高いマリンコラーゲンを少量からスタートしたり、化粧品ならトライアルなどからチャレンジしたりしましょう。

コラーゲンでリフトアップするには

-shared-img-thumb-CRI_IMG_6021_TP_V

コラーゲンを含む商品で、肌をリフトアップさせるには、いったいどのような方法が良いのでしょうか。

コラーゲンを含むスキンケアを充実させる

コラーゲンを使って、肌のリフトアップ、若々しい肌を実現するためには、まず、コラーゲンを含む化粧品やスキンケアを使って、肌にコラーゲンを満たしていくことが重要です。

コラーゲンは、低分子化されているコラーゲンを選び、肌への浸透力という面に重点を置いて商品を選ぶようにしましょう。

コラーゲンを経口摂取する

コラーゲンでスキンケアをすると同時に、コラーゲンの経口摂取をすることで、より肌のリフトアップに大きな効果を期待できます。

つまり、外側からも、内側からもコラーゲンでケアすることによって、リフトアップ効果や保湿効果を倍増させるということです。

肌だけでなく、体にも良いコラーゲン、継続して経口摂取を続け、コラーゲンにあふれる瑞々しい体を手に入れましょう。

生活スタイルを見直すことでより肌質アップ

コラーゲンでリフトアップし、肌の質を整えようと考えるのであれば、生活スタイルを見直してみることも重要です。

睡眠不足やストレス、食生活などを整えることで、体内のホルモンバランスが整い、より肌サイクルも良くなります。

肌細胞が活性化し、新しい肌への生まれ変わりを促し、肌の早期のリフトアップが実現します。

コラーゲン商品をセレクトする際のポイント

コラーゲン商品は、リフトアップ効果が十分期待できるエキスパートだと言っても過言ではないでしょう。

さらにコラーゲンのパワーを得られるように以下のポイントを覚えておきましょう。

コラーゲンの生成を助ける成分がしっかり配合されている事

コラーゲン生成を助ける成分、ビタミンC誘導体レチノールナイアシンなどがコラーゲン商品に含まれているのが理想です。

ですが、レチノールは、刺激が若干強いため、敏感肌であれば、ナイアシンの方がよいでしょう。

また、肌のターンオーバーもしっかりコントロールしてくれるプロテオグリカンにも注目です。

コラーゲンと共に、抗酸化効果が得られる成分を摂取する事

日常の紫外線や、ストレスにより、体内ではしわやたるみ、シミを誘発する活性酵素が発生します。これを「肌のサビ」「肌の酸化」とよびます。

コラーゲンとともに、酸化を防止する成分を摂取するのがリフトアップの近道です。

代表成分としてあげられるのが、蟹や海老などの魚介類に含まれるアスタキサンチンや、トマトに含まれているリコピンなどがあげられます。

また、ワインの原料としても使用されるポリフェノール系の成分も高い抗酸化力が期待できるでしょう。

まとめ

私達の肌が直面するしわやたるみなどの老化現象。

年齢のせいにばかりしてリフトアップケアを諦めていると老けこむいっぽうです。

また、他のパーツまで悪影響を受けてしまうため、いつの間にか人相が変わっていたり、視界が狭くなったり、髪型がマンネリ化してしまうなどの、思わぬトラブルが発生してしまうでしょう。

コラーゲンによるしわやたるみのリフトアップケアは、早ければ早いほど効果が期待されるため、アンチエイジングをしようと思った時にスターすることが望ましいのです。

cosme-rank

drink-rank

supple-rank

powder-rank

jelly-rank