☓

コラーゲンと聞くと、美容や健康に良いと宣伝しているけれど、実は効果ないのでは?と思われている方もいるでしょう。

コラーゲンを摂取しているけれど、効果が感じられない効果ないという意見も多いのです。

では、コラーゲンを摂ることに本当に意味は無いのでしょうか。

コラーゲンを摂取することで、美容や健康に効果があるのかを、詳しく説明したいと思います。

コラーゲンについての知識を持ちましょう

人間の体の肌や筋肉などを形成しているコラーゲンは、年齢とともにどんどん減少してしまいます。

また、コラーゲン不足は、さまざまなエイジングサインや、体の老化を招いてしまうということは、多くの人が知っていることでしょう。

しかし、コラーゲンは、やみくもに摂取していても、簡単に体に吸収されるものではないということをご存じでしょうか。

コラーゲンは、たんぱく質の一種ですが、非常に分子の大きさが大きく、吸収されにくいという性質があります。

コラーゲンを摂取しているつもりでも、体に吸収されないのでは、摂取したことにはなりません。

また、動物由来のコラーゲン魚由来のコラーゲンという主に2種類のコラーゲンがあります。

この2種類のうち、動物由来のコラーゲンの方が分子が大きく、吸収率が悪いということもあまり知られていません。

摂取の仕方によっても、効果には差があります。

コラーゲンを摂取していても、動物性のコラーゲンばかりであれば吸収率が悪いため、効果が感じられないのも仕方がありません。

コラーゲンを摂ってもアミノ酸に分解されてしまう?

コラーゲンは、関節筋肉を構成する重要な成分の一つです。

そのため、コラーゲンを摂取すれば、肌や髪などの外見上気になる部分にすぐに良い効果を及ぼしてくれる、このように思われていた方も多いのではないでしょうか。

ですが、コラーゲンを摂取しても、そのまま肌などに届けられるわけではなく、体内でアミノ酸に分解・吸収されます。

アミノ酸に分解された状態から、ふたたびコラーゲンとして合成されるには、プロリンやビタミンC などが必要になります。

これらの条件が揃わなければ、摂取したコラーゲンの大部分が、コラーゲンとしては再構築されないのです。

コラーゲンを摂取する意味はない?というのは嘘だった!

コラーゲンを摂取しても、コラーゲンとして使われるわけでないことは前述しました。

ならば、コラーゲンの摂取に意味は無いのかといえば、そのようなことはないのです。

どんなに立派な建物を建てようと思っても、石や木材などの材料がなければ建築不可能です。

それと同じように、体内に取り入れたコラーゲンは、肌や髪など、身体の様々な組織をつくるための材料として使用されます。

また、新たなコラーゲンを合成する際の素材としても活躍してくれるので、コラーゲンを摂取することは美容や健康のためにも理にかなっているといえるでしょう。

効果を期待するなら低分子化されたコラーゲン商品を選ぶことが重要

では、美容や健康のために、コラーゲンの効果をスムーズに行き渡らせるにはどうすればいいのか。

答えは、低分子化されたコラーゲンを摂取するということです。

そもそもコラーゲンというタンパク質は分子の大きさが大きく、吸収率が悪いという特徴があります。

一日に必要なコラーゲンの不足分を、どうやって補うかによって、コラーゲンの摂取量に大きな差が出るのです。

そこで、注目してほしいのが、コラーゲンを低分子化して吸収率を高めてある、コラーゲンペプチドを配合しているコラーゲン商品です。

コラーゲンペプチドであれば、動物由来のコラーゲンでも魚由来のコラーゲンでも、体に非常に効率よく吸収されるようになるのです。

近年の研究では、コラーゲンを低分子化したコラーゲンペプチドの経口摂取において、アミノ酸まで分解されずにペプチドの状態で吸収され、体内をめぐることが分かってきました。

更に、体内で他の細胞に、肌の弾力を保つなどのシグナルを発していることも判明してきています。

コラーゲンペプチドの食品機能性

まとめ

コラーゲン商品の中でも、低分子化されたコラーゲンを配合しているコラーゲン商品を選ぶこと、それがコラーゲンを本当に摂取したということにつながるのです。

コラーゲンをとっているのに、効果ない、感じない、そんな気持ちになったら、良質で低分子化してあるコラーゲン商品を選ぶことをおススメします。

drink-rank

supple-rank

powder-rank

jelly-rank