美容や健康に欠かせないコラーゲン。

そのコラーゲンを生成するのに欠かせない、ヒドロキシプロリンというアミノ酸をご存知でしょうか。

このページではヒドロキシプロリンについて解説していきます。

ヒドロキシプロリンって何?

ヒドロキシプロリンはコラーゲンを形成するために必要不可欠なアミノ酸で、コラーゲン構造を安定させたり、皮膚のコラーゲンの合成を促進する作用があります。

つまり、ヒドロキシプロリンを摂取することによってシワの改善や保湿といった美肌効果や、骨密度の上昇などの効果が期待でき、美容と健康維持の両方に役立つのです。

その他にも、関節痛の改善、アトピー性皮膚炎の改善や、皮膚や骨、筋肉などの傷を早く直すのにも役立つとされています。

ヒドロキシプロリンはなぜ体にいいの?

美肌効果

先ほど説明した通り、ヒドロキシプロリンには体内で吸収されたタンパク質からコラーゲンの合成を促進する作用や、加齢や肌へのダメージなどによって劣化したコラーゲンを修復する作用があります。

これらの作用によって、肌の潤いやハリ・ツヤを保つ、シワやシミ・ソバカスを防ぐといった美肌効果が期待できるでしょう。

関節痛の予防・改善効果

関節軟骨が加齢やハードな運動などによってすり減ると、関節痛を引き起こしやすくなります。

関節軟骨は骨と骨のつなぎ目にあってクッションのような役割をしており、その約80%が水分でできていますが、残りの20%の大部分はコラーゲンです。

コラーゲンが不足すると関節軟骨に弾力がなくなってすり減りやすくなりますが、ヒドロキシプロリンを摂取すると、コラーゲンの合成・修復が促進され、それによってすり減った軟骨の再生が促されるため、関節痛の予防・緩和に役立つと考えられます。

関節痛にコラーゲン!コラーゲンが膝関節に効く理由と選び方!」も併せて確認してくださいね。

脂肪燃焼効果

胃液や膵液(すいえき)などに含まれる、リパーゼという消化酵素には脂肪を分解する働きがあります。

ヒドロキシプロリンには、リパーゼを活性化させる働きがあるため、摂取することによって体脂肪の燃焼促進効果が期待できるでしょう。

ヒドロキシプロリンを効率的に摂るには

ヒドロキシプロリンは天然コラーゲンにしか存在しないアミノ酸であり、豚肉や鶏肉、すっぽんなどに多く含まれていますが、これらを毎日一定量食べるのが困難な場合は天然コラーゲンのサプリメントを摂ると良いでしょう。

特に、通常のコラーゲンに比べて短時間で吸収でき、吸収率が高い低分子コラーゲンがオススメです。

ヒドロキシプロリンの効果を高めるにはビタミンCが不可欠

ヒドロキシプロリンは、ビタミンCと一緒に摂るとより効果的です。

実は、コラーゲンをサプリメントや食品で摂取してもそのまま吸収されるわけではなく、摂取したコラーゲンは体内で一旦アミノ酸に分解されます。

分解されたアミノ酸が再合成されてコラーゲンとなるのですが、再合成の過程でビタミンCが必須なのです。

コラーゲンだけを摂取しても、ビタミンCをきちんと摂らないと体内でコラーゲンが合成されず、摂取したコラーゲンの効果が薄れてしまいます。

ヒドロキシプロリンを摂取した際には、ビタミンCを多く含む食品を摂りましょう。

ビタミンCを多く含む食品としては、赤ピーマン・ブロッコリー・カリフラワー・アセロラ・かんきつ類などが挙げられます。

もし食品だけでビタミンCを摂るのが難しい場合は、サプリメントなどで補っても良いでしょう。

drink-rank

supple-rank

powder-rank

jelly-rank