コラーゲンはタンパク質の一種で、体内で全タンパク質の約30%と最も多く存在しています。

そのため、コラーゲンは体の全組織に含まれて体の形成に重要な働きをしています。

皮膚成分の大半がコラーゲンでできているため、肌の弾力・艶・保湿効果・アンチエイジング等の美肌効果健康効果にもコラーゲンの働きが期待できます。

タンパク質の不足は、体内でのコラーゲンの合成や分解を助ける効果が低くなり、コラーゲンの摂取にも影響を与えますから、積極的にタンパク質を摂るように心がけましょう。

コラーゲンを体内で合成するためには、コラーゲンを多く含む食品を積極的に摂ることに加えて、タンパク質やビタミンCの食品も同時に摂取することが重要です。ビタミンCの欠乏は、コラーゲンの生成に大きく左右されると言われています。

コラーゲンとアミノ酸の関係

コラーゲンを含む食品サプリを摂取することで、コラーゲン合成に必要な多くの成分は補充できるといえます。

しかし、食べたコラーゲンはそのまま体内で直ぐにコラーゲンになると言うことはありません。

体内のコラーゲンは、必要に応じて体内のアミノ酸を原料に作られていきます。食品からタンパク質を摂取した後、体内でタンパク質が消化吸収されますが、その吸収したアミノ酸は体内で再びタンパク質の合成に使われます。

このように、多くのアミノ酸が合成されてできるタンパク質が、コラーゲンといえます。

コラーゲンを作りだす内の一つであるリジンと呼ばれるたんぱく質構成アミノ酸は、必須アミノ酸ですから食事から摂取できる栄養素です。

魚類のアジ・サケ等や、チーズ・卵などがリジンを多く含む食材といえます。

コラーゲンアミノ酸は、体内の酵素で分解されると「ヒドロキシリシン」「ヒドロキシプロリン」というアミノ酸に分解されます。

体内の細胞内でコラーゲンのもとになるポリペプチド鎖が合成されますが、リシンとプロリンの酵素によりヒドロキシ化されていきます。

そして、リシンがヒドロキシリシンになり、プロリンがヒドロキシプロリンと呼ばれるアミノ酸に変化していきます。

コラーゲン合成をつかさどるアミノ酸は、リシンやプロリンということになりますが、体内でヒドロキシリシンやヒドロキシプロリンが、アミノ酸のリシンやプロリンになるということはありません。

そのために、サプリメントからリシンやプロリンのアミノ酸を摂取するようにしていくと、効率よくコラーゲンを摂取できるということになります。

コラーゲン合成にビタミンCやアミノ酸と鉄

コラーゲン生成に必要なアミノ酸は、バランスよく体内で作りださなければコラーゲンは効率よく合成されません。

これらは、非必須アミノ酸であるために、ある程度体内で作り出すことができますが、コラーゲンを含む食品と一緒にビタミンCを一緒に摂取すると、体内でより良質のコラーゲンを合成しやすくなります。

またコラーゲン合成には、体内で酵素の働きに対してアミノ酸が使われるため、アミノ酸に加えて鉄も必要となります。

drink-rank

supple-rank

powder-rank

jelly-rank