体重計

肉の脂身や鳥の皮、そういった部分をコラーゲンが豊富だと勘違いしていませんか?

コラーゲンが太るという誤解は、こうした勘違いがもとで広まった、いわゆる真っ赤なウソです。

コラーゲンはタンパク質であり、脂質ではありません。

脂質と大量に摂取すると太る原因となってしまいますが、そもそもコラーゲンは脂質ではなくタンパク質であるため、太るというものではないのです

コラーゲンが太るといううわさについて

コラーゲンといえば、肉類の脂身や、鶏鍋、すっぽん鍋など、何となく高カロリーで脂肪分たっぷりだというイメージから、コラーゲンは太るという誤解が生まれたようです。

しかし、これらの食べ物を大量に食べていれば、確かにコラーゲンは豊富に摂取することができるかもしれませんが、太ることは間違いないでしょう。

コラーゲンに限らずどんな食べ物でも同じことがいえますが、大量に摂取していれば太る原因にはなり得るのではないでしょうか。

コラーゲンの豊富な食品については「コラーゲンが多い食品、豊富に含む食べ物で理想の摂取を実現」で詳しく説明しています。

本当にコラーゲンだけなら太る心配はない

コラーゲンは、脂肪ではなく、タンパク質です。この点を誤解して、コラーゲンが豊富そうに見える脂肪の部分を多く摂取すると太ってしまうのは当たり前です。

しかし、コラーゲンだけをしっかりと摂取するようにしていれば、太るという心配は必要ありません。

肉類や脂肪のように、大量摂取するようなものでもない上、摂取したコラーゲンは、体内でアミノ酸に分解され、無駄な分は細胞内に溜められて、必要な時に使用するという形をとるからです。

コラーゲンの体内での吸収合成については「コラーゲンの合成とは」で説明しています。

より効果的に、無駄なく利用できるコラーゲンといえば

コラーゲンは、確かに肉や魚など、比較的カロリーの高い食品に多く含まれている事が多い成分です。

食べ過ぎて太ってしまうことを防ぐためには、食品からの大量摂取を目標にせず、コラーゲン商品を上手く活用することが良いでしょう。

コラーゲン自体のカロリーについては、「コラーゲンのカロリーはどれぐらいあるの?」を参照してください。

コラーゲン商品からコラーゲン摂取が望ましいわけ

  • コラーゲンを摂取するために食べるという、余分なカロリーを摂取することがない
  • コラーゲンペプチドなど、分子の大きいコラーゲンを低分子化して吸収率をアップさせてあるため、摂取したコラーゲンを体内で有効に活用できる
  • 純粋にコラーゲンだけを摂取することができ、摂取量もしっかりと把握することができる
  • サプリドリンクゼリー粉末タイプなど、いろいろなタイプの摂取方法が選べ、ライフスタイルや好みに合わせて続けることができる

このように、コラーゲンを太ることなく、しかも効率よく摂取するためには、まさにコラーゲン摂取に特化して開発されているコラーゲン商品を利用することがもっとも効果的で健康的な摂取方法だといえるでしょう。

コラーゲンに美容効果を期待する方は「コラーゲンとヒアルロン酸のダブル摂取が美容効果抜群!」も併せてご覧ください。

まとめ

私たち人間の体には必要不可欠なコラーゲン、太るという誤った認識ではなく、正しい知識を持って摂取することで、より健康的に、より美しくいられるということです。

太る心配のないコラーゲン商品で、今すぐ手軽に便利に、そして有効にコラーゲン生活を始めてみませんか。

drink-rank

supple-rank

powder-rank

jelly-rank