コラーゲンドリンクといっても種類は色々ありますので、どれが効果があるのか自分の目的に合わせて選ぶことも大切ですね。

カネボウのコラーゲンディープインで使用される配合成分について、特長と効果を見ていきましょう。

知っておきたいコラーゲンの働き

女性の皆さんがお肌のために意識しているコラーゲンとはそもそもどんな働きがあるかご存知ですか。

私たちの肌は表皮と真皮と呼ばれる層があり、コラーゲンは真皮に70%近く存在しています。網目のように張り巡らされたコラーゲンは、肌を内側から持ち上げる働きがあるため、不足すると肌のハリがなくなりたるみやしわの原因になります。

真皮層ではコラーゲンの網目の間に天然保湿因子のヒアルロン酸が、水分を保持するために存在しています。肌はそれぞれの成分との相乗関係により、ハリや輝き、潤いを保っていることになるのです。

コラーゲンは美容に関する働き以外にも、軟骨のクッションの役割もあり、体の動きによりかかる負担を吸収する大切な役目もあります。

コラーゲンディープインの成分の働きについて

マカ

マカは南米ペルー原産のアブラナ科植物で、健康食品でよくお目にかかる成分ですよね。

マカはインカ帝国時代から滋養強壮の食べ物として大切にされてきました。肌の細胞を丈夫に新陳代謝を活発にする働きがあります。

ヒアルロン酸

化粧品やサプリでは欠かせないヒアルロン酸ですが、肌の潤いをキープするための大切な役割を持っていますヒアルロン酸は1グラムで6リットルもの水分をため込む力があり、角質層ではスポンジのように潤いをしっかり閉じ込めてくれます。

アミノ酸

人間の体を作るために欠かせないアミノ酸は、美しい肌のためにも重要な働きをしています。

コラーゲンをサポートしてハリを回復する効果があり、肌本来の働きを活性化するメリットもあります。

ローヤルゼリー

ハチが餌として作り出す乳白色の物質で、女王バチはローヤルゼリーを食べて毎日2000個も卵を産むといわれています。

体の原動力となるエネルギー、滋養強壮、アンチエイジングの効果があり、乾燥予防など肌の健康を維持するために大切です。

コラーゲンを飲めば必ず効果はある?

コラーゲンドリンクは化粧品大手メーカーを始め、色々なブランドや種類がありますよね。

ドリンクタイプ以外でもタブレットやパウダーなどの異なるタイプも販売されています。肌の調子が悪い時や年齢肌が気になる時ですが、ほとんどの人は化粧品を買い替えることが多いと思います。

美肌ケアは表面から有効成分を補うことはもちろんメリットになりますが、根本的な細胞レベルのケアが必要です。コラーゲンドリンクを飲んでも、あまり効果がないという方もいますよね。

コラーゲンを飲んだ後は、胃腸から消化吸収され酵素で分解されています。分解されたあとアミノ酸になり最終的には血液としてそれぞれの細胞に運ばれる長い道のりがあります。

そのため、口に入ったコラーゲンがすべて吸収されるのは難しいため、低分子コラーゲンなど効率的な成分がサプリとして人気となっています。

まとめ

カネボウのコラーゲンディープインを始め、美容系サプリやドリンクはとても話題になりますよね。

どれがいいか判断するためには、最低でも1か月以上は飲んで様子をみましょう。

※残念ながら、カネボウコラーゲンディープインは販売を終了してしまいました。

現在人気のコラーゲンドリンクは、コラーゲンランキングで紹介しています。

ぜひ、そちらも参考にしてみてください。