コラーゲンと聞くと肌がぷるぷるになる成分というイメージがとても強いですよね。

コラーゲン入りの美容ドリンクやコスメは女性にいつも人気があります。

それだけでなくコラーゲンにはバストアップ効果があるってご存知でしたか?

早速ですが、気になるコラーゲンとバストについて見ていきたいと思います。

コラーゲンは乳腺を発達させる

バストの形やサイズって女性にとってとても気になる部分ですよね。

コンプレックスになる人もいると思いますが、コラーゲンがバストアップに効き目がある理由は、クーパー靭帯と呼ばれる俗にいう乳腺細胞を発達させる働きがあるためなのです。

乳腺はクーパー靭帯により支えられ、バストのボリュームやハリをだす仕組みになっています。

女性の胸は加齢により小さくなり、形も悪くなっていきますよね。それはクーパー靭帯が衰えてしまうことが原因のひとつなのです。

乳腺はクーパー靭帯が接着剤のような働きで組織をしっかり支えています。

乳腺が衰えてしまうとバストが支えきれず、垂れてしまうなど形が悪くなる原因です。

綺麗なバストは女性にとってオシャレの一部でもありますよね。

コラーゲンとバストには大切な関係があるのです

バストアップに必要なたんぱく質

女性ホルモンは健康バランスを取るだけでなく、女性らしい体のラインを維持するためにも大切です。

加齢や生活習慣などによりホルモンの働きが悪くなると、肌トラブルや体型がくずれるなどの症状がでてきます。

女性ホルモンの分泌をサポートするものは質のたんぱく質で、バストのボリュームを左右する皮下脂肪を増やす働きがあります。

コラーゲンは体内で浸透しやすく乳腺の周りの皮下脂肪のサポートになりますので、バストのサイズアップやデコルテを整える為にも必要なのです。

そもそもバストの大きさは皮下脂肪の量で決まるといわれていますので、ぽっちゃり体型の方はバストも比例して大き目ですよね。

コラーゲンは20歳を過ぎると徐々に減少し、60代になると75%まで減るといわれていますよ。

コラーゲンでバストアップするコツとは

コラーゲンが多い食べ物は、豚肉や鶏の皮うなぎなどがあります。

普段の食生活からこのような食材を意識して食べるとバストアップにもメリットになります。

しかしこれだけで効果を出すには時間がかかり、コラーゲンの量は十分ではありませんよね。バストアップのコツはコラーゲンの働きを助けるビタミンCやアミノ酸などの栄養を一緒に摂取することなのです。

食べ物で栄養バランスをとるのは毎日大変ですが、コラーゲンのサプリなら手軽でしかも他の栄養素も同時に摂取できますよね。

またサプリのコラーゲンは低分子化されたものがあり、さらに体内で吸収が良いメリットや安全面も安心ですね。

まとめ

コラーゲンでバストアップするためには、継続して体に補うことが大切です。

ワンカップサイズをアップさせたい方、ハリをだしたい方など、悩み改善のためにコラーゲンを早速プラスしてみましょう。

drink-rank

supple-rank

powder-rank

jelly-rank